FC2ブログ

THE ICBM WEBLOG

THE ICBMの管理人サワキが気ままにKYに、ヒロインピンチ、悪堕ち、リョナ等の作品レビュー、同人作品の紹介をするブログ

今夜この国にワルプルギスの夜がやってくる


 魔法少女まどか☆マギカの10~12話の連続放送が、まちにまった、今日いよいよです。

homuhio.jpg

 

 この町にワルプルギスの夜が来ると語った、ほむほむは一体、何週待たせるんだというやつで・・・・・・・


 東北大地震に阻止された10話から、一ヶ月半、正直待ったかいがあるというものです。


 ヒロピン、実写系同人の多いTHE ICBMがあんまり、アニメネタでさわぐのもどうかと思う向きもありますが・・・・・・。しかし、魔法少女ものや美少女戦士もののストーリーっていうのは、戦隊の亜種的な趣きがかなり強いんですよね。 セーラームーンなんて、色別キャラクターなんて基本設定からヒロピン描写まで力入りすぎた傑作だなんて、わたしが語る間でもにと思いますが・・・・・・

 魔法少女まどか☆マギカにわたしが、フォーカスしている理由がまあ、そこでもあります。戦隊が、どこか全体的な潮流に流されて、ギャグ的要素を強くした中で、
 シリアスだったり、苦悩だったりとかを色濃く描写してみせたのが、このアニメなんですよね。

 セラムンにしたってまどかにしたって、ヒロインが死ぬんですよ。戦隊で最後にヒロイン死んだは一体いつですかという奴で・・・・・・少女マンガとかって、なかなかここらへんの心理描写だとかスゴイエグい話多くて、たまにうらやましかったりで。

 ヒーロー、ヒロインものっていうのは、基本的に、正義の心に悩んだりとか、自分と他者の間で苦悩するシーンというのは鉄板で、個人的にもかなりツボです。
 ただ、攻撃に傷つきピンチ、というだけではなく、じわじわと精神的に追いつめられていく描写それがある意味究極的にきわまったのが、まどか☆マギカだと思っています

 というわけで、わたしもご多分にもれず、エヴァ以来久しぶりにいろいろな人と「おい、このあとどうなるんだよ」とか、談義しているわけですが、

 とにかく、まだ見られていない方は、10話からでもいいので、是非みるといいですよーと



 ついでに、拙作「あなたもいずれ魔女になるなんかも、読んでもらえるとありがたかったりします。

 このノベルは、『和風戦隊乙女ニ与エル恥辱』で意識した歴史小説っぽさをすべて壊して、全体的にスイーツケータイ小説っぽさの方向へ極め、二次創作の王道っぽく、原作設定を全部吸い込んでからぶちまけた、なかなかのジェットコースターストーリーだと思っています。

 といっても、最終回で設定矛盾がおきないか個人的にはドキドキだったりしてるんですが(脂汗
 そうしたら、次作では、そんなことが起きないようにしようかなと思う程度です(苦笑

 DVDが発売されたら、ちんたらとヒロピン的見所レビューなんかもしてみたいなとは思っています。










スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

  1. 2011/04/22(金) 01:00:45|
  2. ヒロピン論?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんで、GIGAはヌケないの?


 ヒロピンヲタなら経験あること、それは『GIGAに1本何千円も払ったのに、興奮ができなかった』ことじゃないかと思います。くそ、金払ったのになんだよこれ!(まあ、わたしのSSでも勿論、起こってることだと思いますが(汗)

GGImage4.jpg


 理由は各人それぞれあるかと思います。しかし、初期のころと比べて、コスチュームの素材は改善しました。VFXはアダルト作品にしては凝ってると思います。いろんな面が、パーフェクトレンジャーシリーズのころより、大幅改善してると思います。

 では、なぜ、GIGAはヌケないんでしょう?

 個人的な観点で考えれば、GIGAの一番の欠点は『ヒロインを拘束して敵味方ともにグッタリとしている絡みシーン』なんじゃないかと思います。

GGImage6.jpg


 GIGAの多数よりも映画『時計じかけのオレンジ』や『キル・ビル VOL.1』ほうがイイと、サワキは思っています。例えば、『時計じかけ~』のレオタードの女性がレイプされるシーン。拘束されてガムテープで口を塞がれても勿論抵抗します。

GGimage7.jpg


 なのに、GIGAの作品の大部分はとらえられたら、あとはマグロかそれに近い状態…、更に敵は妙に秩序だっていて(悪の組織だから、それもそう、かも知れませんが…)戦闘員1がヒロインを犯す間、戦闘員2はただ足を抑えてるだけ。

 でも、じゃあ、本家のヒロピン名作エピを見ると、例えば、メガレン40話で、ネジイエローにとらえられたメガイエローは必死に逃げ続けます。チェンジマンの傑作『ママはマーメイド』では、いくら攻撃を受けようとさやかは立ち上がります。

 更に悪の描写から言えば、ゴセイの武レドランは膜インと筋グゴンを出し抜こうとし、メガではネジレンジャーが仲違い。そう、悪の世界はやるかやられるか、のるかそるか、二番手なんてクズなんです。

GGImage5.jpg


 そんなことを立ち返ると、GIGA作品は『ヒロインを拘束してグッタリとしている絡みシーン』を無くせば、意外とヌケる作品になるんじゃないか、と思います。必死な抵抗、堕ちるなら堕ちるところまで!

 拘束されればそれを魔法の力で外して立ち上がり、殴られ倒され、言葉責めで気狂い寸前まで追いやられても、正義の為に立ちあがる。クリプトナイトを目の前にしながらも脂汗を浮かべ震えながら敵に向かう。堕ちたら堕ちたで、戦闘員1が犯そうとしたら「たまんねぇ!!おまえどきやれ!」と、戦闘員2が1を殴ってチャックを下ろす。ヒロインは快楽に溺れ、宿敵や雑魚に跨り、男と女はロデオみたいにはねまくる! この世のものとも思わぬ悲鳴を漏らして、イキ果て、それでもまた犯される…

 …とまあ、そんなシーンは、今のスケジュールでは作れないんでしょうね。1日で終わらせるために、24時間近くに及ぶ撮影であれば、グッタリするのもある意味当然。でも、ヌケない200分作品より、ヌケる60分作品のほうが、断然いいに決まってます。

 そんなわけで、そんなスピード感ある作品ができれば、もっと買うんだけどなあとか思う次第です。『こうすればヌケるGIGA作品』について、みなさん的な考えも募集してるので、がしがしお願いします。






テーマ:AV紹介 - ジャンル:アダルト

  1. 2010/10/11(月) 22:59:22|
  2. ヒロピン論?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ヒロピンって一体なんだ?

 ヒロインピンチ(ヒロピン)って一体なんだ? 実は最近、わたしがいろいろ考えているテーマです。一緒に、今後THE ICBMをどういうふうに進めていくかな?というテーマにも絡んできます。

myImage35.jpg

 わたしにとっての、ヒロピンの悪への道(笑)に墜ちるきっかけとなったのは、メガレンジャー、特にメガイエローなのですが、まあ、誰しも原体験があり、そのもやもやがあり、覚醒するきっかけがあったりすると思います。「なんだよ、このピンチエピソードは!?」というヤツです。

 これは、チェンジマーメイドだったり、ブルードルフィンだったり、ホウオウレンジャーだったり、はたまたデカイエローだったり、ボウケンピンクだったりするわけです。だいたい、ダブルヒロインになると、アイドル/マスコット担当と、ピンチ担当がいて、前者がメガピンク、ゴーオンイエローで、後者がゴーオンシルバー、シンケンピンクなんかだと思います。後者は女幹部と宿敵になったりもします。

 そんなわけで、悪の道に来て、ヒロピンをひたすら書き続け、ウェブにアップする日々を送っているんですが、最近、たくさん書きすぎて、ヒロピンって一体なんだ?という疑問を持つにいたりました。

dyImage13.jpg

 わたしにとってのヒロインピンチ原体験はシュシュトリアンで、戦隊ヒロインに対する萌芽は、ファイブピンクとピンクターボあたりです。ピンチというものを衝撃付けたのは、ジェットマンの終盤のブラックコンドルとグレイのバトルだと思います。

 いま、SS書きとして、このサイトにたくさんのSSや、ディーエルサイトコム経由で3本のノベルをアップするにいたりました。THE ICBM的ヒロピンピンチノベルの定義は、(1)『特撮もののヒロインが、悪に立ち向かい、敗北するお話』で、その主軸は(2)ストーリー重視に、悪に狙われ捕らえられようと必死に抵抗するヒロインで、(3)感触だったり感覚だったりを、これでもかというぐらい執拗に描写するものだと、考えています。

 個人的には、キルタイムさんの二次元ドリームノベルよりも、もっとマニアックに、もっと執拗に、もっと濃厚にをモットーにしています。キルタイムさんの『触手突っ込まれてイカされて墜ちる』よりも『触手突っ込まれて何度もイカされながらも、正義の心を保っていたのに、大切な何かを破壊されて、人格をぐちゃぐちゃにされながら言葉責めで気が狂う寸前』みたいな作風を目指しています。

2.jpg

 そういう前提を振り返ったとき、最近のTHE ICBMの作品を見ると、ヌルいスイーツ(笑)なお話が増えてきたんです。リンクは省略しますが、あげているピンチですらないシンケンの『湯上之秘事』『月明美織夜』とか、ボウケン『ネメシスの魔女』とか、

 うちのサイトが、ヒロインピンチ以外にも、百合ネタとかスーツフェチネタも扱ってるので主軸からは、そんなにめちゃくちゃハズれてはいないかなとは思います。

 が…

 やはり、わたしとしては、もっとピンチが書きたい。もっとリョナが書きたい。もっとMCが書きたいという、ミダラな欲望があるわけです(苦笑)だけどなんか、やりたいようにやると、どうも、いまいち気の抜けたものが出来てしまいます。

 そんなわけで、色々、よろずをやるからこそのTHE ICBMでもあるんですが、何が言いたいかといえばヒロインピンチについて、もっともっと、たくさんの方の欲望を伺いたいな

 ブログのコメント欄でも掲示板でもメールでも拍手でもなんでもOKです。さすがに『●●ピンクをレイプしてください』とかだけだとちょっと返答に困ったりもしますが(笑)俺のヒロピン、私のヒロピンをどしどしお寄せくださいませ!

hrImage28.jpg


 メッセージいただいた方にはご返信をしたいと思います。SSに必ず反映するとも約束できませんが、出来る限りご考慮はさせていただきたいと思います!

 宜しくお願いします!

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

  1. 2010/09/28(火) 22:37:41|
  2. ヒロピン論?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

サワキ

Author:サワキ
ヒロインピンチ、悪堕ち、リョナ同人サイトのTHE ICBM/サワキのブログ。主に、作品レビュー、同人作品紹介等を行ってます

本拠地は、THE ICBM です。いちおう、ここは別館です。

Twitter

ICBM人気ヒロイン決定戦

ヒロピン妄想も併せて記入を!

無料アクセス解析

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
コラージュ (17)
戦隊 (33)
悪の女 (1)
映画 (0)
ZEN (9)
不思議 (5)
更新お知らせ (58)
告知 (19)
ジュエルファイブ(ZEN) (5)
お知らせ (2)
メガレン (2)
GIGA (34)
雑談 (10)
ヒロピン論? (3)
投稿作品 (1)
まどか☆マギカ (1)
パワーレンジャー (3)
ご紹介 (2)
その他 (6)
非公認 (1)
SS (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

レコメンド

amazon.co.jp

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示