FC2ブログ

THE ICBM WEBLOG

THE ICBMの管理人サワキが気ままにKYに、ヒロインピンチ、悪堕ち、リョナ等の作品レビュー、同人作品の紹介をするブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【タッチャ-さん投稿完結編アップ!】

 本日はタッチャ-さんから前回頂いた投稿『最後が水着がif』前中編の完結編を頂きましたのでアップします!

0417juri01.jpg

 タッチャ-さんの臨場感ある展開、駆け引きの妙、エロスを強調するように広がる怒涛の展開を是非みなさんもおたのしみくださいませ!

0417juri02.jpg

   - 最後の水着がif… 後編 -

「でも何で?…何でみんながわたしのパワーブレスを?」
「今はそんなことはどうだっていい!早くそれでオーイエローになってバラクローズへトドメを刺すんだ!樹里!」
「隊長、みんな……OK!了解したわ!」
だが、突然それを手渡されて樹里もさすがにいぶかしがる。しかし、上官である隊長の吾郎に有無を言わさず装着を薦められれば、樹里としてはそう疑うようなことでもなかったのだろう。大逆転勝利を目前にして高まっていた高揚感が、彼女から注意力を奪い取っていたのも事実だった。
しかし-。そんなことはどうだっていい-。大逆転勝利を目の前にしているからこそ、樹里としては『この言葉』にもっと注意を払っておくべきだったのかもしれない。
(かかった……やっぱりバカな女ね♪樹里)
そしてそれまでに起きていた様々な不自然な現象-。突然態度が豹変した仲間たち。バラクローズが危機に陥っても、誰一人として助けにこようとしない周囲のバーロ兵たち。そしてあまりにタイミングよく手渡された樹里のパワーブレス。
今にして思えば樹里は、これらの『不自然な現象』をもっと強く疑っておくべきだったのだろう。
だが、彼女はそれをしなかった。いや、しようともしなかった。だからそんな樹里が、背中越しに彼女を眺めていた桃に『バカな女』と心の中で罵られていても仕方なかったともいえた。
いや、そもそも『親友』に戻ったはずの桃が何故樹里を心の中で罵っているのか!?-。実は樹里が真っ先に気づくべきだったのは、桃の表情から『ヒロイン然』としたものが消え、『バラノイアの先兵』だった頃の冷淡な表情に戻っていたことだったのだ。
優れた罠というものは、仕掛けられた相手が気づきにくいようなところで静かに、地を這うように進められているものなのだから。


 
 続きは以下のリンクから!


タッチャ-さん作品メニュー






 ブログの拍手またはコメントでのご感想をいただければ!と思います





0417juri03.jpg


スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

  1. 2012/04/17(火) 22:42:43|
  2. 更新お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【AVレビュー】GIGAセーラープリズムを購入しました。 | ホーム | 【SS更新】タッチャ-さんの久々の投稿アップ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://icbmreloaded.blog85.fc2.com/tb.php/175-e5461bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

サワキ

Author:サワキ
ヒロインピンチ、悪堕ち、リョナ同人サイトのTHE ICBM/サワキのブログ。主に、作品レビュー、同人作品紹介等を行ってます

本拠地は、THE ICBM です。いちおう、ここは別館です。

Twitter

ICBM人気ヒロイン決定戦

ヒロピン妄想も併せて記入を!

無料アクセス解析

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (19)
コラージュ (17)
戦隊 (33)
悪の女 (1)
映画 (0)
ZEN (9)
不思議 (5)
更新お知らせ (58)
告知 (19)
ジュエルファイブ(ZEN) (5)
お知らせ (2)
メガレン (2)
GIGA (34)
雑談 (10)
ヒロピン論? (3)
投稿作品 (1)
まどか☆マギカ (1)
パワーレンジャー (3)
ご紹介 (2)
その他 (6)
非公認 (1)
SS (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

レコメンド

amazon.co.jp

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。